料理は調理の仕方で変わるという気付きが私を変えました!

僕の父は神田で寿司屋を営んでいました。その影響で幼い頃から料理に興味があり、最初に飲食の世界に入ったきっかけは地元の知人のメキシカンレストランで手伝いをしないかと言われ、その当時やりたいことも特別なかった為、気軽に始めました。

最初は調理担当でしたが、私の性格上、ホールの方が向いていると言われホールに転向しました。僕は洋酒が好きでよく飲んでいましたが、ふと自分の飲んでいるお酒が何でできているのか?という疑問を持ち、調べていくと面白くなってきて、それをお客様に話すととても喜んで頂いたことが嬉しく、お酒だけではなく、料理やその料理の調理法を調べるようになりました。

メシプロに入ってからはカプリッチ、ジミーと2店舗のホールを経験していますが、前職とは違い、各店舗のシェフの腕の凄さに感動し、日々色々なことを教えてもらっています。その中でジミーの人気料理のひとつである「砂肝のアヒージョ」は、砂肝を一度、じっくり時間をかけてコンフィにしてからアヒージョにする為、コリコリした食感である砂肝がさっくりとした歯ざわりになるのです。料理も調理法に一手間をかけることによって、美味しさが増し、そのようなお話をお客様に喜んで頂けることが僕にとっての幸せとなっています。料理は本当に面白いと教えてくれた会社ですね。社長からも僕のやりたいように自由にやっていいと言われていますので、いつか暖簾分けをしてもらえるよう日々、頑張っています!

これからメシプロで一緒に働く人達と一緒に、お客様と笑顔を共有できるような楽しい仕事をしていきたいと思っています。